2024年!着物の買取り相場!現役査定士が忖度なしでリアルな買取価格を教えます。

本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
偽物見分け方

昔購入した着物もしくは亡くなった母が着てた着物がタンスから出てきた。重いし捨てるのも気が引ける!処分するんだったら少しでもお金にしたい

でも着物の事が全くわからない。売る時って安いの?高いの?売る前に着物の買取りの相場を知りたくありませんか?

私は買取り専門の査定士で長年この仕事をやっています。毎日の様に着物を査定しています。着物業界に携わっているからこそすべて把握しています。


これから着物を売ろうとしているあなたに着物の相場を惜しみなくお伝えします。このサイトを最後まで見ることで、何もわからないあなたにも着物の相場を理解する事ができます

さらにこんな査定士が来たら売らずに見積だけにした方がよいなどアドバイスも致します。忖度せずすべて正直にお話します。

HPに記載している買取り価格は本当なの!?

HPの価格を期待するとがっかりするだけ!?

着物買取りでがっかりする理由を徹底解説!こちらから

・HPの買取表は「高く買い取ってくれそう」とい
 う錯覚させる作り方をしている
・価格表は嘘でないけど1枚だけの値段じゃない

着物の買取業者はお客様を集めるため、大げさに価格提示をしているのが事実と言えます。私もよくお客様から「ホームページの価格と違うじゃない?」と言われます。

こう言われると査定士の私もタジタジになってしまいます。

正直ホームページの価格を見て依頼してくると期待外れになる可能性があります。しかし着物だけじゃなく、私はすべての買取り業者のホームページをみていますが、どこの業者も大げさに価格提示をしています。

ホームページの買取り価格は嘘なの?

着物買取りのホームページを見ると一枚だけ高額な価格を提示してるように見えますが、何十枚もまとめての買い取った金額を一枚だけの金額だけのようにホームページに提示していたりします。

なのでけして嘘ではないのです。「ここのお店は高額の買い取りしてくれるんだ~」と錯覚を起こさせるのがホームページの役割です。

例えば、着物一枚
A ~5,000円で買い取ります。
B ~100,000円で買い取ります。

AとBどちらに売りたいと思いますか?

Bに売りたいと思いませんか?これが錯覚です。

買取り業界だけじゃなく、どこの企業も集客しないと会社が潰れてしまいます。そのためホームページは会社の人が作ってるんじゃなく、集客のプロであるホームページ屋さんに作ってもらっているのがほとんどです。

私は前職は経理の仕事をやっていました。その時も会社のホームページは評判の良いホームページ屋さんに依頼をしていましたが、ホームページだけで300万かかりました。

その変わりホームページからの集客はすごかったです。なので買取業者のホームページは「人の心を動かすプロが作っている」のでホームページを鵜呑みにしないでほしいのが正直なところです。

着物は購入時が高い理由

着物は購入する時、数十万するのが当たり前ですよね!?私もよく査定する時にお客様から「この着物100万円したのよ~」と言われます。こう言われると査定しにくいのが本音です。

「でも着物って購入時なんですごい高いかご存じですか??」

・数か月分の人件費が乗っかってくる
・お店の利益が乗っかってくる

着物は1着作るのに数カ月~半年くらいかかります。その人が専属で作る場合が多く、特に織りの場合、一日頑張っても数センチ程度しか織られません。染めより時間がかかるので人件費も高くなり着物の価格へ反映されます。

着物は資産価値が低い

私は着物の査定士ですが着物以外に骨董やブランドや宝石など多商材の商品を査定する事ができます。その中で一番資産価値が低いのは、正直な所着物です。

例(着物の場合)
昨日着物を50万円で購入したとします。
今日、購入した着物を売りに出すとすれば、作家名もなく染めの着物であれば買取金額を付けるとしたら正直1万円するかしないかです。

例(ルイヴィトンの場合)
昨日ルイヴィトンのバッグを50万で購入したとします。
同じ条件で今日売りに出すとすれば、35万~40万の間で買取金額が付きます。

着物の値段が付かなくなった理由は着物離れが原因の一つと言えます。私は25年前浅草に住んでいました。25年前は着物を着て浅草寺や雷門の前で写真を撮っている若い人もたくさんいました。

最近、仕事で浅草に行きましたが、若い人も年配の人すらも全く着物を着ていない事にびっくりしました。それほど着物離れが進んだと実感しました。

需要と供給のバランスが崩れた

商品価格は需要と供給バランスで決まってると言いますが、まさに着物もそれに当てはまってると私は思っています。あくまでも私の肌感覚ですが着物の需要と供給のバランスは2:8です。

着物買いたい(2割)で着物売りたい(8割)です。買いたいと思う人がたくさんいれば着物の価値は保たれますが、高齢化社会もあり圧倒的に売りたいという人が多くどんどん着物が価値が無くなっています。購入する人は減りましたがレンタルする人が増えたのは事実です。

着物を査定時、確認する3つのポイント

・丈の長さ(162cm以上)
・流行りの柄や色
・シミ・汚れ

着物を買取りする時、何を基準に値段をつけているか気になりませんか?私が査定時見るポイントをご紹介します。

丈の長さが重要

丈の長さは重要になってきます。買取業者はお客様からお買取りした後、着物市場などに出品したりします。レンタル業者などが着物市場に買いにきます。

レンタル業者は「若い人や外国人」をターゲットに着物を貸し出します。そうなったときに重要になってくるのが丈の長さです。基準は162cm以上あるか?になります。どんなに良い着物でも丈が短いと買取価格が下がります。丈が短いと着物ではなく生地としての価値しかなくなってしまうからです。

流行りの柄・色か?

着物・帯は購入時値段が高いから高く売れると思いますよね?でも実際はそういう事ではありません。流行りの柄や色も重要です。私は最初、30年前の帯と10年前の帯など区別が付きませんでした。

しかし勉強していくうちに、帯の重さや柄、色だけで年代がわかるようになりました。今の流行りと昔の流行りが全く違います。購入時の値段は関係なく、高く売れる売れないを左右するのは色や柄で判断します。

汚れ シミ カビの有無

どんなに良い着物や帯でも汚れ・シミ・カビがあったら値段がつきません。その他、裾の泥はねやファンデーションの後も襟に付きやすいので確認します。

着物のリアルな買取り相場

着物の種類で買取り相場で変わる        

実は恥ずかしい話、私は着物の査定士になる前までは着物と浴衣の2種類しかないと思っていました。私のようにそう思っている方は多いはず。。と願っています。そんな方のために簡単に着物の種類をご紹介します。

上記の図のように着物の種類には11種類あり、用途によって着るシーンが変わってくるのが着物です。格式が高くなればなるほど着る機会が無くなってきます。

なぜ着物の種類を説明するかという着物の種類によって着物の買取りの価格が変わってくるからです。

これからより具体的に着物の買取り相場を具体的にお話していきたいと思います。

浴衣の買取り相場

・浴衣の買取相場 無償~100円程度

浴衣の着るシーンはお祭り・盆踊り・花火大会・観光

肌着なので、中古で浴衣を購入する方がいないのが多きな理由です。一度でも浴衣を着た場合値段が付かないのがほとんどです。新品の状態でも買取り価格は100円程度になります。

実際私も新品以外は値段をつけないのが正直な所です。中古でお買取りしても売り先がないのです。

小紋 紬 色留袖の買取り相場

・小紋 紬 色無地の買取相場 100円~500円
・丈が162cm以上ないと安くなる可能性あり
・汚れ・シミがあると無償になる可能性あり

小紋 紬 色無地の着るシーンは食事会 観劇 ショッピング 稽古 同窓会

小紋 紬 色無地は普段着と呼ばれていて、私達でいうラフに着れて誰でも持っているTシャツとジーパンのようなものです。着物を売りにくる9割のお客様は小紋 紬 色無地になります。


小紋はTシャツのように大量生産されており、新品しつけありでも100円~500円が買取相場となります。着物の買取り価格が安くなる一番の理由でもあります。

正直な所、小紋や色無地だけの査定だと枚数がたくさんあってもお買取り金額が数千円~1万5000円くらいになってしまいます。


※小紋 紬が買取り価格が高額になるケースがあります。のちほどお話していきます。

訪問着 付け下げ 色留袖の買取り相場

・訪問着・付け下げ・色留袖の買取相場 1000円~3000円
・丈が162cm以上ないと安くなる可能性があり
・汚れ・シミがあると無償になる可能性あり


・訪問着・付け下げ・色留袖の着るシーン 結婚式 お茶会 発表会 お宮参り 入学式卒業式

訪問着・付け下げ・色留袖は着物の中で一番高く買取りされやすいです。理由は女性の方を魅了する素敵な柄や色そして上品さなどがあり訪問着を持っているというのは憧れでもあります。

訪問着は購入時の値段も高く綺麗に維持するのも大変で致し方なく手放す方も多くなっているのが現状です。

訪問着は素敵なものが多く、私にとって査定するのが一番楽しいのが訪問着です。

※訪問着 付け下げ 色留袖など買取価格が高額になるケースがあります。のちほどお話していきます。

黒留袖の買取り相場

黒留袖の買取り相場 100円~500円
・丈が162cm以上ないと安くなる可能性あり
・汚れ・シミがあると無償になる可能性あり


黒留袖の着るシーン 娘さんやお孫さんの結婚式 仲人を頼まれた時

結婚式を仲介する仲人の文化が無くなり、黒留袖を着る機会が激減した着物です。実際市場でも黒留袖がほしいという方が少なく、売りたいという方が圧倒的に多いのが黒留袖です。なので買取り価格が低いのが現状です。相場100円~500円になります。

結婚式を仲介する仲人文化が無くなり、着る機会が最も減っていると着物です。

振袖の買取り相場

振袖の買取り相場 1500円~10000円
・丈が162cm以上ないと安くなる可能性あり
・汚れ・シミがあると無償になる可能性あり


・振袖の着るシーン 成人式 お見合い 結納 卒業式 結婚式(参列側)

振袖を着たいという女性が多いかもしれません。振袖は成人式だけ着る事が許される着物と勘違いしてる人は意外と多いのではないでしょうか?友達の結婚式にも振袖は立派な第一礼装なので着ても問題ないのです。

振袖は購入時がとても高く若い女性にとっても振袖は憧れです。しかし現在、少子化が進み振袖の需要がどんどん減ってきているのも事実です。振袖は柄や色が最重要となり人気のない柄や色なら1500円程度で人気の柄や色なら1万くらいが相場です。

振袖の売却時、査定士の私がおすすめする売却方法は振袖・帯(振袖用)・襦袢の3点セットで売ると買取り価格が高くなります。

喪服 打掛(うちかけ)の買取り相場

喪服 打掛の買取り相場 無償~100円


・喪服を着るシーン お葬式
・打掛の着るシーン 結婚式(当事者)

喪服のお買取りする業者はほぼないと言えるでしょう。実際私自身も喪服にお値段をつけた事がないのが正直な所です。理由は喪服は一着はみんなが持ってる事。不幸が起こった時に着る中古の喪服を誰も買いたがらないのが理由です。

打掛は結婚式の時、当事者のみが着る事が許される着物です。振袖の上から羽織るのが打掛です。打掛をそもそも持ってる人が少なく、一生に一度しか着ないものになりますのでレンタルする人が圧倒的に多く、そのため打掛をほしいという方はいなく値段が使いのが現状です。

羽織・道行コートの買取り相場

羽織・道行コートの買取相場 無償~300円

昔は着物とセットで羽織や道行コートを購入する事が普通でしたが、今は羽織や道行コートを着る人がいないというのが現状です。

例えば、雨が降ってきたとします。
「雨が降ってきたから今日は着物じゃなくて私服で出かけよう」となるのです。こうして羽織と道行コートを購入する人も減り、どんどん需要もなくなりつつあります。

羽織や道行コートはほとんどお値段がつかないのが現状です。ただロングコートの場合、一定数需要があるので数百円お値段付いたりします。

男性用着物の買取り相場

・男性用の買取相場 無償~300円 

男性用の着物はさらに需要が低迷しており、女性の着物以上に価値が無くなっているのが現状です。着物羽織セット(アンサンブル)でも300円程度が買取りが相場になります。

子供用着物の買取り相場

・子供用の買取り相場 無償

子供用は残念ながらお値段がつかないのが現状です。理由は「子供には新品の着物を買ってあげたい」もしくは「レンタルで良い」という方が多く、買取業者からしても売り先がないのです。なので子供用はお値段がつかないのが正直な所です。

帯の買取り相場

ざっくりいうと帯には2種類あります。名古屋帯と袋帯の2種類があり用途によって使い分ける事ができます。

名古屋帯の買取り相場

名古屋帯の買取相場 100~300円
・汚れ・シミがあると無償になる可能性があります。


名古屋帯を巻くシーン 食事会 観劇 ショッピング 稽古 同窓会

名古屋帯は結ぶのが簡単で、 手先が細くなっているのが特徴です。小紋・紬などに合わせる事も多く普段着として使用されるのが名古屋帯になります。

名古屋帯は格式が低く着物同様、普段着なので値段があまりつかないのが現状です。ただ名古屋帯も買取価格が高額になるケースがあります。のちほどお話していきます。

袋帯の買取り相場

袋帯の買取り相場 100~2000円
・汚れ・シミがあると無償になる可能性があります。

袋帯を巻くシーン 結婚式 お茶会 発表会 お宮参り 入学式卒業式


袋帯は格式が高く、訪問着・付け下げ・色留袖に合わせるのが一般的です。名古屋帯より値段が付きやすいと言えます。ただ袋帯は買取相場の価格がピンキリです。理由は袋帯は年代や柄・色などで大きく金額が変わってきます。袋帯も買取り価格が高額になるケースがあります。後ほどお話していきます。

和装小物の買取り相場

着物を売るとき色々な小物類が出てきますよね?小物は値段がつくのか気になりませんか?そこでより具体的に小物の相場をお伝えしていきます。

中古の和装小物の買取り相場

中古の和装小物 買取相場0円

和装小物一覧
・ハンドバッグ   
・襟芯
・腰ひも
・枕板
・草履・下駄
・反物   
・財布
・長襦袢
・帯揚げ
・帯締め
・足袋
・半襟
和装小物に関して一度でもお使いになった場合値段がつかないのが現状です。和装小物は安価の値段で買えるため、中古でわざわざ買う方がいないので、お買取りの価格がつかないのです。

新品の和装小物の買取り相場

新品の和装小物  買取り価格10円~100円

・ハンドバック 草履セット
・帯揚げ 帯締めセット
・帯締め
・長襦袢
・反物

新品未使用でも一点当たり10円~100円が和装小物の買取相場になります。もともとが安価のため買取りの金額も安くなります。

着物・帯が高額買取りになるパターン

着物査定士が一番重要視してるのが人気のブランドかどうかです。実は着物にもブランドがあり買取金額が大きく左右するものになります。

着物・帯が高額になるパターン

・証紙の有無
・オシャレな柄
・中国三大刺繍
・辻が花
・動物・可愛い系の柄
・有名織物の記載
・人間国宝の作家
・人気の作家

証紙があれば高額買取りの期待大

証紙とは、伝統工芸品や生地の品質を認定された証明書です。証紙に記載してる内容は主に3つのパターンです。

・染め方(友禅)の手法。
機械織または手織りか。
・紬の品質



証紙は着物によって記載してる内容は異なりますが、この証紙があれば高値が付く可能性があります。

藍染め (染めの証紙)

買取相場 1000円~3000円(シミ・汚れがない場合)

藍染(あいぞめ)とは植物染料「藍」を用いた染色の技法でサムライブルーという名前で知られています。藍染はおもに徳島県が有名で藍染の着物は人気があり証紙があれば高値が付く可能性があります。

本場黄八丈 (染めの証紙)

買取相場 20,000円~50,000円(シミ・汚れがない場合)

東京 本場黄八丈は黄色・樺色・黒色の3色を使った着物になります。黒は泥染めと黄色は草木染で染めています。さらに染めだけじゃなく織りもやっていて難易度が高い着物で希少価値が高く、証紙があれば買取り価格も期待できます。


加賀友禅 石川県(染めの証紙)

買取相場 1000円~3000円(シミ・汚れがない場合)

加賀友禅とはえんじ色・藍色・黄土・草・紫の色を使った染めの着物で加賀五彩と呼ばれています。
特徴は「ぼかし」と「虫食い」です。加賀友禅の証紙は珍しく、証紙付きの加賀友禅の着物が出てきたら高額な金額も付くかもしれません。

草木染め 赤城紬(染めの証紙)

買取相場 1000円~3000円(シミ・汚れがない場合)

草木染めとは、草木を煮出して作って液状にして着物などに染める事です。草木染めはよく着物に使われる技法なので、そこまでは買取価格は高くありませんが、証紙付きで柄がよかったら高値がつく可能性があります。

博多織(手織りの証紙

買取相場 1000円~5000円(シミ・汚れがない場合)

博多織は字のごとく福岡県で作られています。素材は絹糸・金銀糸・うるし糸で使われています。触り心地もよいです。博多織の証紙も珍しく証紙があれば高値に期待できます。

※博多帯は基本帯だけですが、高値が付くのは帯です。よく博多織には半幅帯(通常の帯の半分)が出回ってしますが、博多織の半幅帯は値段がつかないのがほとんどです。

本塩沢 新潟県 (手織りの証紙)

買取相場 2000円~10,000円(シミ・汚れがない場合)

本塩沢は新潟県の魚沼市で作られている絹織物です。塩沢地方で作られているので本塩沢と呼ばれています。夏にふさわしいシャリ感とシボ感そしてピッタリ感がある着物です。本塩沢の証紙があれば高くつく可能性があります。

小千谷ちぢみ 新潟県(手織りの証紙)

買取相場 1000円~5000円(シミ・汚れがない場合)

小千谷縮は新潟県の小千谷市を中心に作られて麻の織物です。ちょま(ラミー)を使った最高級の麻織物です。小千谷縮は一枚の着物に数か月かけ織っています。人気もあり証紙付きの小千谷縮が出てきたら期待大かもしれません。

沖縄県(手織りの証紙)

買取相場 3000円~20000円(シミ・汚れがない場合)

沖縄県は着物の産地で、織物が特に有名な産地です!沖縄の着物は一つ一つ手織りで、数も制限されているため希少性が高く人気もあります。沖縄の証紙付きの着物が出てきたら期待大です!

芭蕉布 沖縄県(手織りの証紙)

買取相場 5000円~30000円(シミ・汚れがない場合)

芭蕉布は沖縄ならではの織物で、バナナと同じ種類の糸芭蕉の繊維から取り出した糸を使った織物です。戦争で壊滅的だった芭蕉布を平良敏子さんが復興させ重要無形文化財に認定されました。

芭蕉布も希少価値が高く高値で取引しています。そのため証紙付きがあれば期待できます。

結城紬 茨城県(紬の証紙)

買取相場 3000円~10,000円(シミ・汚れがない場合)

結城紬は茨城県の結城市で作られています。糸の細かさの数え方に特徴があり、80・120・160・200亀甲という風に亀甲単位で表しています。亀甲の数が多いほど柄が細かく織るのも難易度があります。


結城紬の証紙には「紬マーク」と「結マーク」に分かれており「結マーク」の方が価値が高く高値で取引されています。結マークがあれば買取り価格が高くなります。

今幡部 小倉太々 (茨城県 結城紬)

買取相場 2000円~5000円(シミ・汚れがない場合)

 今を大切に
 長い幡を織る
 部民

という頭文字をとって作られた着物です。なかなかお目にする証紙じゃないため証紙付きの着物が出てきた場合チャンスです!

今幡部は結城紬を改良してここ最近人気になってきた紬です。おしゃれにアレンジを加え若い方には人気の着物です。

大島紬 12と15マルキ(鹿児島県)

買取相場 5000円~30,000円(シミ・汚れがない場合)

大島紬の証紙はたくさんありますが、買取り価格が高く付くのは「12マルキ」と「15マルキ」だけです。マルキとは柄の細かさを表している単位です。

5マルキ・7マルキ・9マルキ・12マルキ・15マルキがあり、数が高いほど柄が細かくなります。12マルキと15マルキの証紙があれば高値が付きやすいです。それ以外は買取り価格は数百単位になるのが現状です。

牛首紬 石川県 (紬の証紙)

買取相場 2000円~5000円(シミ・汚れがない場合)

牛首紬とは石川県の白石市で作られている織物です。2頭の蚕(玉繭)によってつくられた紬です。すべて手作業で作られていて、希少価値が高い織物です。証紙があればチャンスです。

飯田紬 長野県 (紬の証紙)

買取相場 500円~2000円(シミ・汚れがない場合)

飯田紬とは長野県の飯田市で作られています。特徴は100%草木染めで作られていて、一番人気の柄は「格子柄」です。飯田紬は私自身も数回程度しか見た事がありません。

置賜紬 山形県 (紬の証紙)

買取相場 2000円~5000円(シミ・汚れがない場合)

置賜(おいたま)紬とは山形県の置賜地方で作られた着物で「白鷹紬・米沢織・長井紬 」の3つ総称です。先染めを得意とする着物で昔から人気の紬です。証紙付きだと高く可能性があります。

塩沢紬 新潟県(紬の証紙)

買取相場 3000円~6000円(シミ・汚れがない場合)

塩沢紬とは新潟県の魚沼市で作られている紬で、職人が作る細かい柄で人気です。シックな色使いで十字絣や亀甲絣などがあります。塩沢紬は有名かつ人気で希少価値が高いので高額も期待できます。

久米島紬 沖縄 (紬の証紙)

買取相場 3000円~8000円(シミ・汚れがない場合)

沖縄の紬を代表すると言ってよいほど久米島紬は人気です。すべての工程を分担制ではなく、一人の工程を一人でやるため、年間に作らせる数も限られています。品質も良く証紙があれば高値が期待できます。

オシャレな柄だと高額買取りの期待大

ファッションは流行のスピードが速く、流行の柄が変わってきます。男性より女性の方が流行りに敏感ですが着物も一緒です。30年前と現在では着物柄が大きく変わり柄が良ければ高く売れる傾向があります。オシャレな柄がお持ちであれば期待大かもしれません。

オシャレな柄の例

買取相場 1000円~3000円(シミ・汚れがない場合)

いかがですか?オシャレな着物・帯のイメージ付きましたか?これらのオシャレな着物は実際高値が付いたお値段です。

中国3大刺繍だと高額買取りの期待大

中国刺繍は人気があり高値で取引されています。
・汕頭(スワトウ)刺繍
・相良(サガラ)刺繍
・蘇州(ソシュウ)刺繍

汕頭・相良・蘇州は中国3大刺繍と呼ばれて中国だけじゃなく日本でも人気があります。

汕頭刺繍

買取相場 1000円~3000円(シミ・汚れがない場合)

汕頭刺繍の特徴はカーテンのようにあみあみになっている感じです。

相良刺繍

買取相場 1000円~3000円(シミ・汚れがない場合)

相良蘇州一つ一つが丸く刺繍されてるような感じです。ジャンバーなどについてるワッペンにも使われています。

蘇州刺繍

買取相場 1000円~3000円(シミ・汚れがない場合)

蘇州刺繍は線のように真っ直ぐきれいに縫われている感じです。水色の部分やその周りが蘇州刺繡です。

辻ヶ花だと高額買取りの期待大

辻ヶ花の一例

買取相場 1000円~3000円(シミ・汚れがない場合)

辻ヶ花は幻の花と呼ばれており、実際には存在しないお花です。辻ヶ花は花が全部繋がっているように見えるのが特徴です。昔も今もずっと人気の柄です。もし見かけたら期待大かもです。

動物や可愛い系の柄は高額買取りの期待大

動物柄の一例

買取相場 2000円~5000円(シミ・汚れがない場合)

可愛い系の一例

買取相場 3000円~10,000円(シミ・汚れがない場合)

いかがでしたか?動物やかわいい系は最近人気が高まり相場が高くなっています。どっちかと言えば可愛い系の方が相場が高いと感じています。もしご自宅にあれば高額の期待大かもしれません。

有名織物の記載があれば高額買取りの期待大

龍村美術織物

初代龍村平蔵

買取相場 5000円~30000円(シミ・汚れがない場合)

龍村美術織物は龍村平蔵が設立した会社になります。染めや織りを研究しオリジナル帯を完成させて人気を集めました。1957年に80歳にして紫褒章受章し86歳にて他界されました。今もなお絶大な人気を集めているため、もしあれば買取価格に期待できます。

龍村晋

買取相場 5000円~30000円(シミ・汚れがない場合)

龍村晋は初代平蔵の3男で父の元で技術を習得し、のちにアレンジを加え500以上の柄の帯を世に送っています。

買取相場 5000円~30000円(シミ・汚れがない場合)

龍村は卸している店によってタグや刺繍を変えています。

牛首紬(うしくびつむぎ)

買取相場 3000円~8000円(シミ・汚れがない場合)

牛首紬は石川県の白山市で作られブランドの紬です。玉繭(お蚕2頭)で作られ丈夫さや美しさがあり結城紬・大島紬・牛首紬は日本三大紬と言われ人気があります。

上記の写真のように牛首紬には個性的なマークがあり、着物に牛首紬のマークがあれば買取に期待できます。

山口美術織物

買取相場 3000円~15000円(シミ・汚れがない場合)

山口美術織物は京都の唐織メーカーで皇室御用達です。その中でもダントツに人気があるのは山口美術織物の作家である山口弘躬(やまぐち ひろみ)作の帯は高値で取引されています。もし帯に山口美術織物の刺繍マークがあれば期待大です。

白陵苑大庭(はくりょうえんおおば)

買取相場 2000円~10000円(シミ・汚れがない場合)

白陵苑大庭は創業70年の歴史があり、初代大庭清三郎が設立。大庭の特徴は多種多様で色んな柄があり新しいデザイン性とオシャレで人気があり着物好きには必見です。

帯には独特の大庭のマークがあり、もし出てきたら高額買取チャンスかもしれません。

川島織物

買取相場 3000円~10000円(シミ・汚れがない場合)

川島織物は1843年に設立され手織りと機械織りともに日本トップレベルです。特徴は柔らか生地に美しいデザイン性で多くの方に愛されています。帯には川島織物と書いてあるものもあれば、「軍配マークと3本線」が刺繍されている帯もあります。川島織物は絶対的なブランド力があり、帯にこのマークがあれば期待できます。

佐波理綴(さはりつづれ)

買取相場 15000円~50000円(シミ・汚れがない場合)

佐波理は京都で作られ綴織技法で確立し圧倒的なブランド力があります。織の宝石と呼ばれていて見るものは佐波理に魅了され絶大な人気があります。もしこのような美しい帯があり佐波理だったら買取価格に期待できるかもしれません。

河合美術

買取相場 2000円~10000円(シミ・汚れがない場合)

河合美術織物は京都(西陣)の中でも古い歴史があり唐織の名門織元です。私でもなかなかお目にかかれない希少価値が高いブランドと言えます。もし持っていれば期待できるかもしれません。

千總(ちそう)

買取相場 3000円~10000円(シミ・汚れがない場合)

千總は1555年に創業し友禅(染め)の着物を確立し京友禅と言えば千總という方も多く人気があります。千總は帯はなく着物になります。もし着物に千總の落款(ハンコ)があればチャンスです。

箔屋清兵衛(はくやせいべい)

買取相場 1000円~5000円(シミ・汚れがない場合)

箔屋清兵衛は京都の織元メーカーでお茶会する方には知られている着物です。箔屋清兵衛は買取価格は安いですが、柄によって買取価格が高くなるケースがあります。

誉田屋源兵衛(こんだやげんべい)

買取相場 2000円~8000円(シミ・汚れがない場合)

誉田屋源兵衛は京都にある帯専門店でその歴史は280年以上前。染職の技術はトップレベルで圧倒的に人気があり、多種多様色んな帯がありますがどれも美しく芸術的です。誉田屋源兵衛の帯があれば期待大かもしれません。

人間国宝の作家なら期待大

北村武資

買取相場 5000円~30000円(シミ・汚れがない場合)

北村武資は1995年に人間国宝に認定されました。北村武資といえば「羅」「経錦」で有名です。熱烈なファンも多く、もし北村武の帯があれば買取価格は高くなります。

羽田登喜男

買取相場 5000円~25000円(シミ・汚れがない場合)

羽田登喜男は日本を代表する友禅作家です。1988年に人間国宝に認定され、代表作は「おしどり」です。1986年にはダイアナ妃に羽田登喜男の振袖が献上されました。

買取相場 5000円~25000円(シミ・汚れがない場合)

ローマ字表記の「TOKIO et TOKI」は羽田登喜男&羽田登&羽田登喜の3人によってデザインされた着物になります。羽田登喜男は京友禅と加賀友禅の両方を学び良いところを掛け合わせたデザインで「羽田友禅」とも呼ばれています。

羽田登喜男の人気は現在も衰える事なく人気があり、もし着物をお持ちであれば期待ができます。

木村雨山(きむらうざん)

買取相場 6000円~30000円(シミ・汚れがない場合)

木村雨山は加賀友禅の巨匠と呼ばれており加賀友禅の特徴「加賀五彩・梅染・虫食い・外ぼかし」を使った技法で木村雨山は数多くの着物を作りました。もしお持ちであれば高額買取も期待できる可能性があります。

森口華弘(かこう)

買取相場 5000円~25000円(シミ・汚れがない場合)

森口華弘は京友禅を学びその後、「蒔糊技法」による表現方法を確立しました。1967年57歳という若さで人間国宝に認定されました。着物に「華弘」の落款(はんこ)があれば期待できるかも!

志村ふくみ

買取相場 10000円~30000円(シミ・汚れがない場合)

志村ふくみは1924年生まれで、織物を習っていた母の影響で着物に興味を持ち始めました。草木染めの糸を使用し紬織で人気を集めました。

1990年に人間国宝に認定され、今もなお人気があり希少価値が高く高値が付く可能性があります。

小宮康助

買取相場 2000円~5000円(シミ・汚れがない場合)

小宮康介は江戸小紋で人間国宝になりました。小紋での人間国宝はめずらしく希少価値が高く、私自身も数ある小紋を査定していますがまだ一回も小宮康介の江戸小紋に出会っていません。

もし持っていたらひょっとするかもしれません。

人気の作家さんなら期待大

久保田一竹(くぼた いっちく)

買取相場 10000円~30000円(シミ・汚れがない場合)

久保田は染色工芸家であり太平洋戦争に召集されシベリアに抑留された経験もあります。帰国後40歳で辻ヶ花を研究し、自己流の辻が花「一竹辻ヶ花」が完成しました。

現在でも久保田一竹の着物は高値で取引されいます。買取価格に期待できるかも!

吉乃一廉(よしの ひとかど)

買取相場 15000円~30000円(シミ・汚れがない場合)

吉乃一廉は久保田一竹と互角くらい人気がある辻ヶ花の作家さんです。吉乃一廉の辻ヶ花があれば高額買取りに期待できます。

由水十久(ゆうすい とく)

買取相場 5000円~30000円(シミ・汚れがない場合)

加賀友禅と言えば由水十久という方も多くいます。由水十久の代表作は中国風の子供(童子)で繊細に描かれていて今もお人気があります。もし着物に子供が描かれていれば由水十久かもしれません。

由水煌人(ゆうすい あきと)

買取相場 3000円~10000円(シミ・汚れがない場合)

由水煌人は由水十久の長男で京友禅を学び数々の受賞歴を重ねています。色彩の魔術師と言われていて個性豊かな着物を作っています。もし由水煌人あればチャンスかもしれません。

城間栄順(しろま えいじゅん)

買取相場 8000円~25000円(シミ・汚れがない場合)

城間栄順は沖縄の紅型を代表する紅型作家です。実は城間栄順は人間国宝の打診を断った事で知られています。芯が太く沖縄県民から愛される要因でもあります。

沖縄の帯・着物は高値で取引されているためもし、家に眠っていたら高額の期待ができるかもしれません。

斉藤三才(さいとう さんさい)

買取相場 5000円~15000円(シミ・汚れがない場合)

斉藤三才は「三才調」という独自の色を使いデザインも独特で古典柄だけじゃなく今風のドット柄やストライプ柄も織り交ぜ絶大な人気を集めています。斉藤三才の着物は希少価値があり、高値も期待できます。

草野一騎(くさの いっき)

買取相場 5000円~25000円(シミ・汚れがない場合)

草野一騎は日本だけじゃなく世界的にも通用する着物デザイナーです。老若男女問わずオシャレなデザインばっかりで人気があります。もし草野一騎の着物を持っていれば高額買取の期待ができるかもしれません。

松井青々(まつい せいせい)

買取相場 5000円~30000円(シミ・汚れがない場合)

松井青々は父の元で京友禅を学び、着物に絞りや刺繍も取り入れ色合いやデザインも抜群のセンスで多くのファンがいます。松井青々の着物があれば期待大かも!

岡本幸治(おかもと こうじ)

買取相場 5000円~25000円(シミ・汚れがない場合)

岡本幸治は加賀友禅の中でもかなり人気の作家さんです。草・鳥・花などかわいらしい着物が多く、着物好きにはたまらない作品もいっぱいあります。

私自身も岡本幸治の着物が好きでオシャレな印象があります。幸治の落款(はんこ)があれば期待大です。

将雪英(しょうせつえい)

買取相場 8000円~35000円(シミ・汚れがない場合)

将雪英の得意分野は刺繍で中国三大刺繍の一つ蘇州刺繡で着物を作っています。将雪英は中国でも日本でも人気があり、販売価格も1着数百万などが普通です。もし将雪英あれば期待大です。

田村哲彦(たむら てつひこ)

買取り相場 5000円~25000円(シミ・汚れがない場合)

田村哲彦は新潟出身で加賀友禅作家です。天然の植物から抽出した染料つかってオリジナルの加賀草木友禅という分野を確立させました。希少価値が高くもし「哲」という落款があれば高値が付くかもしれません。

藤林徳扇(ふじばやし とくせん)

買取相場 5000円~20000円(シミ・汚れがない場合)

藤林徳扇は現在12代目で300年前から代々名を継承しています。宮内庁御用達でさらに海外のコレクションにも数多く出て受賞されています。もし藤林徳扇あれば期待できるかもしれません。

査定士によって買取り金額は違うの?

「女性査定士の方が詳しいから高くつくんじゃないの?」「査定士によって金額は違うの?」という質問を直接お客様から受ける事はただあります。これは正直にお答えすると、査定士によって金額は違います。

査定士によって金額が違う理由

査定士の柄の好みも多少あると思いますが、査定士が着物の知識力があるかないかで査定する金額は間違いなく変わってきます。

良い着物を知らない他社の査定士もたまに見かけます。私は男性ですが女性査定士よりは着物に詳しい自信はあります。査定金額の違いは男女問わず知識力があるかないかで変わってきます。

こんな査定士に着物を売ってはいけない5選

1.写真ばかり撮る人
2.着物を一枚一枚見ない人
3.貴金属ばかりの話をする人
4.着物の扱いが慣れてない人
5.値段の基準を丁寧に説明しない人

写真ばかり撮る人

たまにお客様から言われるのが写真だけたくさんとって「金額だけ提示された」と言われた事があります。これは買取業者のよくある事です。着物の写真を本部に送って着物担当者に査定してもらうために送っています。

写真ばかり撮り自己査定をしない査定士が居たら着物知識がないと思ってください。写真を送り着物担当者に査定してもうのは良いと思っていませんか?しかし良い着物は写真と生で見るのは全く違います。どんなに良い着物を写真で送っても良さが伝わらなく、査定金額が落ちてしまいます。

一枚一枚着物を見ない人

一枚一枚見ない査定士は要注意です。「一山2000円」というような、ざっくり金額を提示された場合は着物知識がなくなんとなくで査定しています。知識のある査定士は絶対こんな事はしません。

貴金属の話ばかりする人

着物をまともに査定しないで「貴金属もっていまんせんか?」という業者が居たら注意が必要です。買取業者は一番利益が出しやすいのは貴金属です。そのため着物よりも貴金属を買取りしたいと思っています。こういう査定士には着物も貴金属も売ってはいけません。

私はつい最近、着物の査定でお客様のご自宅にお伺いしました。着物査定が終わり、帰り際私に「ちゃんと査定してくれてうれしいです」と言われました。

私は「どういう意味ですか?」と聞くとお客様は他社で先月着物依頼で頼んだはずなのに「着物の査定をしないで貴金属ありませんか?」と聞いてきたらしく、断れない雰囲気だったので仕方なくリング3つとネックレスを出したみたいで、その金額4つで300円!で売ってしまったとの事。

同じ買取業者として本当恥ずかしいと思いました。その会社の伝票も見せて頂いた所、あきらかに貴金属の伝票でした。こういう業者は完全に詐欺です。

その悪徳会社は池袋に本社がある株式会社エコラ〇フ(生活)でした。口コミもかなりひどいのでみなさんも気を付けてください。

着物の扱いが慣れてない人

着物の扱いが不慣れそうな人や雑な扱いをする査定士は知識がない人です。知識がある人はたたみ方や所作がきれいです。ちゃんと着物の研修がしっかりある会社は扱いも慣れていて丁寧です。

値段の基準を説明しない人

お客様からしたら、「買取の基準や値段をどのようにつけてるか気になりませんか?」値段の基準を説明しない業者は着物の知識がわかってない可能性があり、ざっくりで値段をつけてる場合があります。

この査定士に着物を売りたく無いと思ったら。

査定士が嫌だと思ったら、「積りだけ」もしくは「他社比較」だけとお伝えください。そして改めて違う会社を選んでください

着物を少しでも高く売るたった一つの方法

今ある着物を少しでも高く売る方法は、着物の綺麗さの維持する事です。

・たとう紙を1年に一回入れ替える

着物をきれいさを保つためにはたとう紙(着物を包んで保管する紙)を年に1回変える事です。たとう紙の役割は防カビ・防ホコリ・防シワの役割があり、1年くらいでその効果は無くなってきます。効果がなくなるとたとう紙は黄色くなってシミが浮かびあがってきます。

今まではたとう紙が守ってくれましたが時間に立つにつれ、シミ・汚れが直接着物に影響を及ぼします。どんなに良い着物でもシミ・汚れがある場合価格が下がってしまいます。

着物を売るためにしなくてよい事。

クリーニングにわざわざ出す必要がない

着物を売るって決まった場合、クリーニングには出さなくても大丈夫です。理由は着物のシミ・汚れを落とすと1着クリーニング代は2千円~6千円かかります。売却時クリーニング代でマイナスになってしまいます。ヨゴレやシミがあったそのまま売却するのをおススメします。

まとめ

いかがでしたか?着物はノーブランド(普通の着物)の場合買取価格は100円~1000円単位が相場です。

着物高額買い取りの条件
・人気作家である事(人間国宝など)
・証紙付きである事
・中国の刺繍である事(スワトウ刺繍・相良刺繍・蘇州刺繡)
・辻ヶ花・動物の柄・かわいい柄


上記のものが高値(2000円~5万円)買取りされているブランドものになります。

偽りなく実際私が買取りしてるリアルな着物の金額をお伝えさせて頂きました。私は色んなサイトの着物の買取相場をみましたがすべてのサイトが買取価格を盛っているなと感じました。

お客様は盛られたサイトを見て期待して着物売却を依頼きますが、私は期待するお客様にお値段を提示するたびにがっかりされます。がっかりされるのが私は嫌になり、であればリアルな着物の買取価格をお伝えしようと思い今に至ります。少しでも参考になれば幸いです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました